2022年4月期 GAP実践セミナー開催案内

「GAP指導者養成講座」のプログラム

セミナー参加申込み

開催期日2022年4月21日(木)〜4月22日(金)
開催場所インターネットをご利用になり、職場またはご自宅からの受講となります。
ウェブセミナーの受講については、こちらをご覧ください。
主  催一般社団法人日本生産者GAP協会
指導機関株式会社AGIC(エイジック)
定  員定員24名
参加料金30,000円(税込)、(当協会会員24,000円 税込)※テキスト・資料代
事務局一般社団法人日本生産者GAP協会(教育・広報委員会)
〒305-0035 茨城県つくば市松代3-4-3 A402
E-mail:mjfagap.or.jp
TEL:029-861-4900 FAX:029-856-0024
https://www.fagap.or.jp/ (一般社団法人日本生産者GAP協会HP)

 本セミナーでは、「GAP」という概念が生まれた歴史や背景を探り、GAPについて正しく理解するとともに、農場経営におけるリスク管理について学びます。また、GAP実践に最も重要な農場のリスク評価の方法を学び、演習を通してリスク評価の技量向上に努めます

※本講義の理解が深まる推薦図書
  「グリーンハーベスター農場評価ガイドブック」「日本GAP規範 第2版」

GAP実践セミナー「GAP指導者養成講座」のプログラム

1日目(4月21日) 9:15-16:45
(受付9:00〜)
2日目(4月22日) 9:15-16:30
(受付9:00〜)
 オリエンテーション
  • 受講前レポート
4 (講義)GH模擬評価演習(ビデオ)

モデル農場でのヒアリングのビデオを見ながら、GH農場評価規準へコメントと判定を記入する。

1 (講義)GAP概論I
  1. はじめに GAPとは何か
  2. なぜGAPが必要か
  3. 持続可能な発展とGAP政策
  4. 農場保証のためのGAP認証制度
5 (演習)評価目合わせと評価のポイント
  • 判定結果のバラつきについて解説する。
  • 判定結果の考察と各論解説を行う。
2 (講義)GAP概論II
  1. 産地・組織で取り組むGAP
  2. GAP実践 農場評価
  3. GAP実践 リスク評価とリスクコントロール
  4. GAPの教育・評価システム グリーンハーベスターGH農場評価制度
6 (講義)GAP概論III
  1. 農場評価の基本と技術のポイント
  2. GAP実践のポイント
3 (演習)リスク発見演習

事例写真を見て、潜在的なリスクを見つける。

研修のまとめ

修了レポート 総評

参加申込み

申込み方法参加ご希望の方は、申し込みフォーム(2022年4月19日17:00まで受付)にてお申込みいただくか、参加申込書icon_pdf.gif(361 byte)へ必要事項をご記入の上、E-mailはたはFAXでお申し込みください。
宛  先メール:mjfagap.or.jp
FAX:029−856−0024
参加費
(資料代)
≪一般≫¥30,000(税込)
≪主催、共催団体の会員≫¥24,000(税込)
1日のみの受講でも参加料は同じです。
定  員定員24名
キャンセル開催日前日の12時までにキャンセルの連絡(電話、メール、FAXのいずれか)がない場合は、100%ご請求させていただきます。別日程開催日への変更についても、原則キャンセルと同じ扱いになりますのでご注意ください。
事務局一般社団法人日本生産者GAP協会(教育・広報委員会)
〒305-0035 茨城県つくば市松代3-4-3 A402
TEL:029-861-4900 FAX:029-856-0024
https://www.fagap.or.jp/