開催概要

名   称 2019年度GAPシンポジウム
日程 2020年2月27日(木)10:35-17:30 ~ 28日(金)9:20-16:30
開 催 地 東京都文京区弥生1-1-1 東京大学農学部内 東京大学弥生講堂(東京都文京区)
参加費(資料代) 主催・共催会員:10,000円
一般:15,000円
学生:2,000円
情報交換会参加費:3,000円
展示 企業等による情報展示(開催期間中)※詳細は、お問い合わせください
出展料:主催・共催の会員 ¥60,000、一般 ¥80,000
定員200名

2019年度GAPシンポジウム

主   催 一般社団法人 日本生産者GAP協会
共   催 農業情報学会
一般社団法人GAP普及推進機構
特定非営利活動法人経済人コー円卓会議日本委員会
後   援 全国農業協同組合連合会
事務局(一社)日本生産者GAP協会 教育・広報委員会、㈱AGIC大会事務局
対 象 者 農業試験研究者、農業普及関係者、大学・大学校、農業高校、農業生産者、農業法人、 農協、出荷組合、産直団体、農林行政機関、卸売市場、卸売会社、農産加工会社、 農産物流通・小売企業、外食企業、消費者、調査・検査・認証機関、研究機関、その他
テーマ『GAPは生産者と消費者を信頼で結ぶ懸け橋』
  1日目テーマ「農産物販売の考え方と取組み」
  2日目テーマ「グリーンハーベスター農場評価で動き出した産地信頼への取組み」
開催趣旨  2020東京オリンピック・パラリンピック大会の開催で我が国の農業界に突き付けられたGAP認証の取得は、農業生産者の実践が持続可能な農業であることを証明することで社会的責任を果たすというグローバルな要求事項です。それはサプライチェーン全体の信頼を通じて消費者に伝えるものでもあります。
 本シンポジュウムでは、オリンピック後のさらなるグローバル化で変化する消費者意識に応えるために、流通業界はどのような対応をしているのかを探ります。また、生産段階で行うべきことは何なのかについて、協同組合活動などを通じてGAPとマーケティングの先端を行くスペイン・アルメリア農業の研究報告を受けて、足下のGAPと営農指導について討論します。