-日本に相応しいGAP規範の構築とGAP普及のために-

QMSセミナー 2023年3月期 開催案内

概要

 本セミナーでは、マーケットに対応した農産物生産組織の管理体制(QMS)構築について、講義と実習を通して学びます。

【名  称】
QMSセミナー
【開催期日】
2023年3月10日(金)
【開催場所】

インターネットをご利用になり、職場またはご自宅からの受講となります。
ウェブセミナーの受講については、こちらをご覧ください。

【定  員】
24名
【主  催】
一般社団法人日本生産者GAP協会
【指導機関】
株式会社AGIC(エイジック)
【対  象】
GAP担当部門課長(営農指導担当、販売担当)等、「GH評価員」資格を有する者JA職員・地域の農業改良普及員等県職員方
【受講料金】
21,000円(当協会会員 16,800円)(税込)
【お申込み】

参加ご希望の方は、申し込みフォーム(2023年3月8日17:00まで受付)にてお申込みいただくか、参加申込書icon_pdf.gif(361 byte)へ必要事項をご記入の上、E-mailはたはFAXでお申し込みください。

【事 務 局】
一般社団法人日本生産者GAP協会(教育・広報委員会)
〒305-0035 茨城県つくば市松代3-4-3 A402
E-mail:mjfagap.or.jp
TEL:029-861-4900 FAX:029-856-0024
https://www.fagap.or.jp/ (一般社団法人日本生産者GAP協会HP)
キャンセル

開催日前日の12時までにキャンセルの連絡(電話、メール、FAXのいずれか)がない場合は、100%ご請求させていただきます。別日程開催日への変更についても、原則キャンセルと同じ扱いになりますのでご注意ください。

プログラム

9:15-16:45 (受付9:00~)

オリエンテーション
講義1 QMS概論~生産組織の管理体制
講義2 QMS各論

1) 生産組織の構造と運営管理
2) 農産物取扱いと販売管理
(苦情管理、トレーサビリティ、選果場)
3) 内部統制(内部監査と内部検査)

演習1 トレーサビリティシステムの設計論
講義3 農場監査の実際

タイムテーブル

 講義・演習の内容
9:15-9:30(15)受付(ウェブ入室)
9:30-9:45(15)オリエンテーション
9:45-12:00(135)講義1 QMS概論~生産組織の管理体制
講義2 QMS各論

1) 生産組織の構造と運営管理
2) 農産物取扱いと販売管理
(苦情管理、トレーサビリティ、選果場)
3) 内部統制(内部監査と内部検査)
12:00-13:00昼休み
13:00-15:00(120)演習1 トレーサビリティシステムの設計
15:00-15:15(15)休憩
15:15-16:15(60)講義3 農場監査の実際
16:15-16:30(15)まとめ・閉会

*このプログラムは、一般社団法人日本生産者GAP協会が実施する「日本GAP規範評価員教育プログラム」に基づく講習会「主任評価員研修」に準拠しています。
*研修レポートの提出を含む全課程を終了した方には、修了証を発行します。